« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

04年05月31日(月)

明け方まで眠れなかった昨日、妙な時間に召喚獣戦シャウトがあったので(しかも水)飛び入り参加してきました。
ずーっと欠けてたリヴァイアサンがこれでやっと手に入る!とウキウキして出かけたんですが、道中何となくメモってあったリヴァイアサンの居所を確認して早くも後悔。
ウガレピ経由で怨念洞かよー!!。・゚・(ノД`)・゚・。
これまでのFFシリーズをやった事がある人ならわかると思うんですが、包丁とランタン持ってトテトテと近付いてくる「トンベリ」というモンスター。「急所突き」という技でこちらの体力を1/10にしてきたり、「みんなのうらみ」でこれまで倒した仲間の数に応じたダメージを与えてきたりする恐ろしいヤツなんですが、ウガレピ寺院という場所にはそのお馴染み「トンベリ」がワンサカいるんです。
今のレベルならウガレピのトンベリは数人いれば倒せない敵ではないんですが、うらみもたまるし急所突きも怖いし、できれば戦いたくない相手。怨念洞には更に強いトンベリがうじゃうじゃいます。いくら魔法で見つからないようにして進むとは言え、ウッカリ見つかったら5秒くらいで逝けます。
大丈夫だろうか…と心配しながら進み始めたんですが、メンバーのうち二人が75のベテランさんだったせいか意外にスムーズにウガレピは通過。怨念洞への扉を抜けて、さあ、ここからが勝負!
敵に見つからないようにする魔法は二種類あって、姿を消すものと気配を消すもの。トンベリは姿を消すだけでいいんですが、怨念洞には気配で寄ってくるコウモリもいるので、両方かけて進まないといけません。二つともランダムに効果が切れるので、「切れそうだ」と表示が出たら急いで敵に見つからない位置まで移動してかけ直すんですが、ウガレピも怨念洞も敵が密集してるんで、実はこの「かけ直し」で失敗して死ぬパターンが猛烈に多い場所なんです。
この時も走り出して暫くしたら気配を消す魔法が「切れそう」になってしまって、慌ててコウモリのいない空間を探したんですがなかなか見つからず。あわあわしてるうちに魔法が切れて、あっという間に10匹ほどのコウモリに囲まれました。
泣きそうになりつつもひとまず歌でコウモリどもを一気に眠らせたんですが、歌での眠りは効果時間が短い上、起きたら一斉に殴りかかってくるので虚しい延命措置にしかなりません。こりゃダメだ逝く…と思ったその瞬間!
魔法で姿が消えてて見えなかった赤さんが、突如隣に現れエスケプ詠唱!!
近くに誰もいないと思ってただけに、生きて脱出出来て超感激…したのも束の間。脱出先はなんとウガレピ寺院の入り口でした(倒)
つまりいっちばん最初から入り直し。オマケにどうやら、エスケ時に近くにいたらしいシフさんまで巻き添え喰らって一緒に飛んで来ちゃってる始末。ったメンバーは無事に目的地に着いたらしく「うわ、もしかしてウガレピから?w」とか仰ってます。ゴメンナサイゴメンナサイと謝りながら、赤さんとシフさんと俺で怨念洞に向かい直しました。
怨念洞への扉がある部屋の手前には門番のロボットがいて、これが結構強いんですが、赤さんが75なので一人でも倒せるとの事。近くにはトンベリが一匹ウロウロしてて、シフさんと俺は同じレベル(つまり見つかると絡まれる)なんでちょっと危険。
「じゃ、隠れたまま待ってますね」と赤さんにロボをお任せして、二人は姿を消したまま待機。ただ赤さんは75とはいえ後衛ジョブなんで、一人だとどうしても倒すのに時間がかかります。バラだけでも歌ったげたら楽かも、とトンベリが後ろ向いた隙に歌を入れたんですが、歌ってる最中に振り向かれて見つかりそのままこちらも戦闘に…○| ̄|_
シフさんが急いで姿を現して協力してくれたんですが、弱い二人でトンベリ一匹倒すのはかなり大変でした。
怨念洞に入ってからはスムーズにみんなの所へ辿り着けたんですが、いやぁホント、久々にこんなに他人様に迷惑をかけました。肝心のリヴァイアサン戦は何の問題もなく済んだんですが、今回の件でウガレピ寺院と怨念洞がかなーり嫌いになりました…。そういや召喚のAFが一個ウガレピにあるんだよね…。はぁぁ…(溜息)
今日は苦労して手に入れたリヴァイアサンを連れてレベル上げに。フェンリル以外全部揃ったぜ!とLSメンバーに自慢してたら、お隣のPTにいた召喚さんがフェンリル召喚しまくってました。
……………(凹)

img
レベル上げ休憩中、リヴァイアサン出してじっと観察。顔こえぇー!
でも、全召喚獣の中では一番好きかもです。なんかカッコイイw
スポンサーサイト
召喚士 | CM(0) | TB(0) 2004.05.31(Mon) 00:00
copyright © まげ日記 all rights reserved.

プロフィール

まげ

Author:まげ
FFXI-楽鯖で活動するまげの愛と情熱の日々を綴っています。あなたに惚れましたとか結婚して下さいとかそういうコメントはヒュム♀に限り受け付けなくもありませ…あっやめて石つぶてを投げな(ry

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カウンター


現在の閲覧者数:

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。