« 2017 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

04年04月19日(月)

ミッションランク6になりました。
昨日はミッション5ー2をこなして来たんですが、これはラスボスとの対決で、つまり事実上のエンディング。現在はその後のミッションがかなり追加されてるんで、まだまだ先は長いんですがひとまず本編はここで終了。LS内でちょうど人が集まってたんで、行ける人は行こうと準備を始めてジュノを出たのが21時半。ズヴァール城という北の果てにある城を登り始めて、誰も道がワカランもんだから迷いに迷って、敵に絡まれまくって倒しまくって、やっと最上階に辿り着いて闇王と対決。体力表示が赤くなったりもしましたが、難なく倒してエンディングを見ました。それなりにジーンと来たんだけど、ムービーを見終わって城の入り口にワープした途端、聞こえてきたのは「○○はオナラをした」という誰かの感情マクロ……(吐血)
城の入り口に知らないプレイヤーたちが集まってたんですが、たまたまそのド真ん中にワープさせられてしまった為、彼らのイタズラマクロが急に飛び込んで来たんですな。しょうがないとはいえ、雰囲気台無しでした…w
体力回復してからみんなで国に帰り、全員一緒に王様閲覧イベントを見てランク6になり、記念撮影を終えたのが0時半。みんな頑張った!
…と、ここまでは良かったんですが…。
ミッションをこなしてる間、ぺりとパエが上がってきていて、置いてかれたことをかなり拗ねてまして…。ズヴァール城で敵に絡まれまくってる時に、パエが「うちら二人で闇王の前まで行って待ってるから、みんなが倒し終わったら4人残ってもらって、うちら連れてもっかい行けない?」って聞いてきてたんですが、その時点で物凄く眠かったのと、体調が悪いから後日連れてってねと言って落ちてったれいらんの事があったんで「闇王の前で待ってて貰っても終わった後どこに出るか判らないし、これをもっかい登る気力が今はないから、ホントにごめんね」と謝り、度重なるバトルで話す余裕があまりなかったので「話したくないんじゃないんだけど、今ちょっと話す余裕があんまりないのでごめんね」とこれも謝って先を急ぎました。
その後二人は黙ってたんですが、ミッション終わって戻って、ロミとスカイとれいがザルカバードに補給物資を運んでいないと言うのでそれをこなし、眠かったんですが、ぺりとパエを呼んでそこの敵でも少し倒して遊ぼうかという話になり、声をかけてみたところ暫しの無言の後「う?ん。今はいいや…ごめんね」との事。拗ねてんなあ、まあしょうがないかと言い合って、二が来ないなら意味ないか、と帰る事に。
で、テレポで国へ戻った途端パエが再び「ねえ、ザルカで遊んでるなら今からうちら連れて闇王行けない?」…。
「二人来ないっていうから戻って来ちゃったよ」というと「そっか…」とまた無言。その時点で雰囲気の悪さにかなりイライラしてたんですが、やはりれいらん一人残すのは可哀想という思いがあったんで「明日れいらんが体調良くなって上がってきたら行くから。今日は先に行っちゃって本当にごめん」と言ったらば「二人だけ先じゃだめなの?」との返事。「れいらん一人残すの?」と返すと、その後また無言。裏で二人で何か言い合ってるのはもう一目瞭然だったんで、煮え切らない態度にブチ切れました俺。
置いていったのは本当に申し訳ないと思ってるし、明日3人がいるなら必ず連れて行こうと思ってる、さっきから凄くイヤな感じがする、言いたい事があるならハッキリ言えよと言うとパエが「置いていかれてさみしい」「LS伝言に書くとか、一言くらい言って欲しかった」。
このところロミが深夜たまにしか上がれず、がちゃんも仕事が始まり昼間はおらず、ぺりも夜はあまり上がれないという状況。パエも夜はいない時間帯があり、全員が必ず揃って何かをするのは難しいと判ってるはず。あまり上がれなかったロミが一人レベルが離れてかなりショックを受けていたんで、せめてミッションくらいは行ける時に一緒にやろうと思った俺が間違ってたんでしょうか。今回は特に、パエが飯落ちしてから決まって出かけたんで、LSの伝言に残してあったとしてもパエが上がってきたのはもう闇王直前。どう考えたって間に合わなかった。個人的にメールで報せるという手もあったけど、一度に戦えるのは6人まで。前衛はスカイとがちゃんとれいが揃っていたんで、パエに連絡を入れて来させるという事は誰かを後回しにするという事。今日二度やれというのなら、あのダンジョンをもう一度登るのは大変だから勘弁して、ごめんねと謝ったはずだけど、俺やみんなの疲労なんて、置いてった罪に比べたら軽いもんなのかな?
あまりに頭に来たんで、ロミとスカイに許可を得てそこから二人を連れて行く事にしました。れいが寝てしまって前衛が一人足りなかったんでジュノでシャウトして、ナイトさんを一人捕まえ、薬品とドリンクを買ってそれぞれに渡し出発。捕まえたナイトさんがかなり楽しい人で、そのお陰でだいぶ気分が晴れたので道中は普通にしてました。上までの道をウロ覚えだった為ナイトさんの友達が道案内してくれ、闇王に辿り着いてバトルフィールドに入ったら、今度はぺりがミッションを受けておらず中に入れない事が判明。仕方がないので急いで国に戻って受け直して貰い、みんなは時間切れで外に放り出されるのを待って、ナイトさんの友達にぺりの道案内を頼み、やっと合流して闇王を倒した時にはもう4時を回ってました。
あまりに眠くて頭痛が酷かったんで先に国へ戻って落ちたんですが、起きてからも腹立たしさは変わらず。俺だって一度大きくみんなとレベルが離れた時に置いてかれた寂しさを体験してるから、気持ちはちゃんとわかってるつもり。でも、だからと言って「レベル上げないで」と言ってしまえる傲慢さは俺にはありません。寂しかったから償えよって、人の事情は全く考慮してないの?自分が良ければそれでいいの?
「今から行こう」と俺がキレて言った後、準備をしながらロミが笑って言いました。
「ガラム、ホントに(ピーーー)っぽいねw」
ええ、そうですともw

img
というわけで、写真は30分間仁王立ちで待たされた闇王さん。みんなくつろいでます。ふざけて脱いでたら、時間切れで外に出された途端雪がチラついてて気持ち的に寒かったw

img
第一回闇王バトル後の記念写真。
(左上から)
ガラム(吟遊詩人):俺です。妙な格好でイベントムービーを見たくなかったんでウンコ正装で参加。
れい(忍者):キーボード操作ってのが凄い。コントローラだと途端に動きが鈍くなります。
がちゃん(シーフ):かなり眠かったらしく、写真撮りながらシクシク泣いてました。
ロミ(白魔導士):俺と同じ顔でその装備はヤメロ、と思ってたんですがもう見慣れました…。
フェイ(赤魔導士):闇王戦での精霊魔法の強さに愕然。いいなーダメージ250とかって…。
スカイ(戦士):臍出しスタイルもかなり見慣れました。ってかどこ見てるん…?w

場所はサンド城内。謁見の間から出てきた所で撮りました。
左上に国旗があります。サンドリア王国=「赤」って感じ。他国も好きだけど、やっぱりサンドが一番いいなァ…w
スポンサーサイト
ミッション・クエスト | CM(0) | TB(0) 2004.04.19(Mon) 00:00
copyright © まげ日記 all rights reserved.

プロフィール

まげ

Author:まげ
FFXI-楽鯖で活動するまげの愛と情熱の日々を綴っています。あなたに惚れましたとか結婚して下さいとかそういうコメントはヒュム♀に限り受け付けなくもありませ…あっやめて石つぶてを投げな(ry

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

カウンター


現在の閲覧者数:

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。