« 2017 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

ヴァナ婚レポート(控え室編)

img
=== Area: Mordion Gaol ===

(ガラム) (゜Д゜≡゜Д゜)?
(Rembard) もう吐いてもよいぞ!
(ガラム) がふっげふっ
(ぱえ) おちけつ
(Rembard) 掃除はちゃんとしておけよ
(ガラム) はひ・・・
(Rembard) ここが控え室となる。少々暗いがガマンしてくれたまえ


こんな感じで始まりました控え室編。そこはホルトトの隠し部屋から装置を取っ払ったような雰囲気の場所で、薄暗く、外からは雷鳴が聞こえてきます。
マップを見ようとすると、マップの存在しないエリアですと怒られました。
なんか、とても控え室って雰囲気じゃないんスけど☆

(Rembard) では、まずお二人にウエディングリングから渡しておくとしよう
(Rembard) 指輪への刻印はお互いのイニシャルで間違いなかったかな?
(ガラム・ぱえ) はい

Rembardはうなずいた。
(Rembard) うむ、これは生涯大事なものとなるから、決してなくしたり、夫婦喧嘩をしても投げあったりしないようにな
(ガラム) は、はい・・・
(ぱえ) 努力します
(Rembard) なんじゃ、喧嘩が多いのか?
(ガラム) いえ、そのようなことは決して!!
(ぱえ) イエイエ・・・・・
(Rembard) 新郎殿・・・いや・・・何も言うまい・・・

ガラムはまるでサイレスがかかったかのように黙り込んだ。
ぱえはガラムにうなずいた。
Rembardはガラムに、にやりとして見せた。


この時点で「結婚前から尻に敷かれている新郎」というコント設定が誕生。
以後俺は「新婦に怯える新郎」役を演じることになりますw

(Rembard) では、リングをお渡しする前に、カバンに穴など開いていないか、しっかり確認してくれよ
(ぱえ) 穴・・・!!
(ガラム・ぱえ) 大丈夫です

Rembardはうなずいた。
(Rembard) ちなみにリングは左の指へはめるので、あらかじめ左の指の装備は外しておくと良いだろう
(ガラム・ぱえ) はい
Rembardはうなずいた。

ここで左手の指の装備を外そうとして、アイテム欄にいつの間にかウエディングリングが入っているのに気付いた俺。
神殿騎士様がずっとおぱえをタゲってたから、トレードしてるのかと思ってたのに…!!

(ガラム) って、いつの間にかカバンに指輪・・・っ
(Rembard) ふふふ・・・
(ぱえ) ああっほんとだあーーー
(Rembard) まだリングには何も刻印がされていない常態じゃ


神殿騎士様、漢字間違ってます。
しかも急に口調がじじいに…。

(ぱえ) てっきりトレかと・・!
(Rembard) では、これから刻印を行おう
(ガラム・ぱえ) はひっ


変換ミスなどなかったかのように、神殿騎士様は事を進めます。
ひざまづく→怒る→かちどき、とエモのモーションだけをつなげ…

Rembard は剣を踊らせ、刻印を施した。
(ぱえ) おおおおおおお
(ガラム) おおおぅぉおぉお
(Rembard) さあ、お互いのイニシャルが入っているか確認してくれ


なんと!エモに見とれている間に指輪に刻印が入っているじゃありませんか!
「P to G」
確かに注文の通りです!!
興奮する新郎新婦に、神殿騎士様のボルテージも上がっていきます。
面白いので、しばしノンストップでお楽しみ下さいw

(ぱえ) 入ってますうううううう
(ガラム) 素晴らしいです・・・!
(Rembard) ふ・・・神殿騎士の素晴らしさはこれだけではないぞ!
(ぱえ) なんと・・・っ!!
(ガラム) ど、どきどきしてきました・・・!!
(Rembard) 私は裁縫も得意なのだ!
(ぱえ) !!!
(ガラム) !!!!
(Rembard) では、新婦殿には私のお手製のドレスを!
(ぱえ) はひっっ
(Rembard) いや、でもそのままの格好のほうが・・・

Rembardはぱえの前で考え込んだ。
ガラムはRembardに首を横に振って答えた。
ぱえはRembardに、にやりとして見せた。


(神殿騎士様、ヒーリングポーズに)

Rembard は針と糸を取り出した…
(ガラム) !
(ぱえ) 今ここで!?

Rembard の高速針さばき…!!!!!
(ぱえ) !
(ガラム) !!!!

Rembard は地味に縫い始めた…ちくちくちくちく……
(ぱえ) 作業は地味なんだ・・・!!
(ガラム) 地味なんだ・・・


もうね、笑いすぎてね、練習した式次第忘れるかと思いましたw
神殿騎士様最高です!!
ドレスを確認した後は、二人共に生着替え。
おぱえはドレスに、俺は浴衣から召喚AFに着替えました。
おぱえのドレス姿を見るのはモチロン初めてだったんですが、これがもう似合うったらありゃしねえ。やはり黒髪エルヴァーンなんで、白が映えるんですな。神殿騎士様も「うむ、やはり誇り高きエルヴァーン!気品があるな!」と褒めてました。
おぱえのドレスを見ていて羨ましくなった俺。神殿騎士様に聞いてみます。

(ガラム) 新郎のタキシードは・・・・?
ガラムはRembardをじっと見つめた…!
(Rembard) いやいや、主役は花嫁殿じゃよ
(ガラム) うぅっ
(Rembard) 新郎殿は目立ってはいかん

ぱえはガラムを慰めた。
ガラムはRembardの前でしくしくと泣き出した。

(Rembard) 美しい花嫁を迎えるだけでも嬉しいことではないか
(ガラム) は、はいっ・・・

ぱえはガラムにうなずいた。
(Rembard) 先程の格好も捨てがたいがな・・・

まだ言うか。

ガラムは首を横に振った。
(ぱえ) お望みとあらば・・!!
(Rembard) む・・・新郎殿はさっきのは好みではないか?

ぱえはガラムを見て落ち込んだ。
(ガラム) できれば服を着ていただきたく・・・
(Rembard) あれはあれで魅力的なのだがのぉ


そのネタ引っ張るなって。

(ぱえ) 残念です。
Rembardは神妙な面持ちで考え込んだ。
ガラムはひどく落ち込んだ。

(Rembard) そんなに落ち込むな
(ガラム) はい・・・

Rembardはガラムを慰めた。

すっかりいぢられキャラと化した俺。そのまま後半戦(?)へ続きます。
スポンサーサイト
イベント | CM(0) | TB(0) 2005.07.11(Mon) 00:00
copyright © まげ日記 all rights reserved.

プロフィール

まげ

Author:まげ
FFXI-楽鯖で活動するまげの愛と情熱の日々を綴っています。あなたに惚れましたとか結婚して下さいとかそういうコメントはヒュム♀に限り受け付けなくもありませ…あっやめて石つぶてを投げな(ry

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

カウンター


現在の閲覧者数:

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。